生命保険関連記事@記事一覧

現在、「『生命保険』に加入しています」と言う方がほとんどかもしれませんね。ご自身の意思というより、知人や親族などの勧めで、しっかりと内容を把握していないのに加入してしまった、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。知人の勧めで生命保険に加入することは悪いことではありませんが、知人だからと言ってご自身に必要な生命保険を把握しているわけではありません。内容に関して、今一度確認してみましょう。生命保...

現在、生命保険に加入している多くの方は、何を基準に現在の保険に決めたのでしょうか。生命保険には大きく分けて3つの種類があり、必要に応じた生命保険を選択する必要があります。定期保険定期保険は、大きな保障が必要な場合に合っています。小さな保険料の割に得られる保障が大きい生命保険ですが、保障期間に限りがあります。同様に、保障期限に一定期間が設けられている保険に、収入保険があります。やはり小さな保険料の割...

日本の生命保険に対する関心の高さは、世界的にも意識が高く実に多くの方が加入しています。データによると、生命保険に加入している人は男性で79.0%女性では79.5%となっています。ただし性別や年齢別の生命保険加入率となると、男女とも20歳代での加入率が50%程度となっており、30歳代で80%程度になっています。つまり、20歳代〜30歳代にかけて、たくさんの方が生命保険に加入し始めていることが分かりま...

生命保険は、病気やケガ、入院や手術、或いは死亡時など、いざというときの支えとなる保障です。保障を受けるためには、生命保険に加入しなくてはいけませんし、毎月の保険料を支払わなくてはいけません。いざというときどんなに大きな保障があっても、毎月の保険料の金額に無理があっては本末転倒ですね。では、毎月の保険料の平均を年収別に見てみましょう。・年収1000万円以上・・・・・平均3.07万円/月・年収700〜...

生命保険の死亡保障は、それぞれの立場や年齢などによっても異なるでしょう。データによると、死亡保障金額の平均金額は、女性は平均944万円、男性は平均2043万円となっています。やはり一家の大黒柱の多くが男性であることから、男性は女性の2倍以上の金額となっていますね。夫婦であれば、夫の死亡時には遺族年金などの公的保障制度があり、ある程度の保障があります。しかし、妻の死亡に関しては公的保障が薄く、その違...

生命保険には、掛け捨て型と貯蓄型の2つのタイプがあります。掛け捨てと貯蓄型どっちがいい?それは、一概には言えませんし、どちらが合っているかはそれぞれ異なります。「掛け捨て型」は定期保険、「貯蓄型」は終身保険や養老保険。死亡保障1000万円の場合。(例)35歳男性、死亡保障額1000万円、60歳満期の保険期間25年。この場合の定期保険と終身保険の月額保険料・払込総額・解約返戻金の違いを比較してみまし...

人が死亡した場合、そこには遺産相続が発生します。相続税改正により、基礎控除が引き下げられ、相続税率が引き上げとなりました。基礎控除が引き下げられたことで、相続税の対象になる人が増え、相続税対策として有効なのが実は生命保険なのです。終身保険を活用しましょう。死亡保険金の非課税限度額は、500万円×法定相続人の数です。生命保険の控除額で、相続財産の評価額を下げることが可能です。金額がギリギリのところで...

生命保険の定期保険には保険期間が設定されているため、一定期間が経過して、その後も同じ内容で継続する場合には更新手続きが必要です。例えば、10年の保険期間の場合、更新時には年齢が10歳上がっており、更新時にはその年齢で保険料の計算がされるため「更新後の保険料が上がります」となります。保障内容が同じなのに保険料があがってしまうのは納得できないかもしれませんが、これは止むを得ないことです。(例)終身保険...

生命保険の加入には、保険金の受取人を指定する必要があります。ご存じない方が多いかもしれませんが、保険金受取人を誰にするかによって掛かる税金が異なります。保険金の受取人は、変更が可能ですがそこには一定の制限があります。保険は簡単に言うと、保険料を支払う契約者、保険を掛ける被保険者、保険金を受け取る保険金受取人の3人が必要です。そして保険金には相続税・贈与税・所得税のいずれかの課税対象となります。死亡...

生命保険に加入する際、保険料の支払いをする契約者、保険を掛ける被保険者、保険金を受け取る保険金受取人の3人が必要です。ただし、誰でも保険金受取人に指定できるわけではありません。保険金受取人に指定可能な人・配偶者(夫または妻)・一親等(親、子)・二親等(祖父母、兄弟、姉妹、孫)(保険会社により、二親等内の血族がいないケースでは三親等内の血族でもOKの場合がある)[三親等内(叔父、叔母、甥、姪など)]...

生命保険に加入する際には、保険料を支払う契約者、保険を掛ける被保険者、保険金を受け取る保険金受取人の3人が必要です。場合によっては、保険金受取人は複数指定することが可能となります。しかし、生命保険を掛ける期間は非常に長いので、保険金受取人を変更する事態が起こるということも考えられますね。例えば、独身の時に掛けていた保険の保険金受取人が親になっている場合、結婚と同時に保険金受取人を配偶者に変更するケ...

生命保険を途中で解約すると、掛け金の一部が戻ってくる商品があります(解約返戻金)。戻ってくる金額は、商品によって多いものと少ないものがあります。毎月掛け金を払い込んでいたこと金額から想定すると、「たったこれだけ?」という程度の金額しか戻ってこない場合が多いでしょう。同様の経験をされている方も多いのではないでしょうか。契約時に保障内容を把握していれば、そこで落胆することがありません。ほとんどの場合、...

生命保険を途中で解約すると、掛け金の一部が戻ってくる商品があります(解約返戻金)。まず、生命保険を解約するには、保険会社に連絡して解約書類を送付してもらいます。解約書類に記入した上で、保険証券など添付書類を同封して送付してください。解約返戻金は、通常約1週間程度で口座に振り込まれます。3営業日〜4営業日で口座に振り込まれますので、土日祝日などを挟むと1週間程度ということになります。多少、保険会社に...

生命保険に加入している方は、保険料を生命保険料控除として所得から控除することができます。サラリーマンの方であれば10月に保険会社から『生命保険料控除証明書』がハガキか封書で届きます。11月に申告書に生命保険料控除証明書を添付して会社に提出し、年末調整で還付を受けることができるのです。生命保険料控除は、申告しないと還付されません。また、新制度になり、損している方と得している方がいるようです。生命保険...

生命保険料控除は、払い込んだ生命保険料に応じた一定金額がその年の所得から差し引かれ、所得税・住民税が軽減される制度です。給与所得などの収入に税率をかけて所得税の金額が決まるので、所得控除によって課税対象になる所得が下がると、所得税・住民税が軽減されるというわけです。ただし、生命保険料控除は平成22年度税制改正で、平成24年1月1日以後の契約の生命保険からは新制度となっています。それ以前の契約に関し...

生命保険に加入する際、どれくらいの保障があればいいのか悩む方は多いのではないでしょうか。もちろん毎月の保険料の払い込みが必要ですので、支払可能な金額という見方もできますが、一方でどの程度の保障が必要なのかを知ることも重要ですね。無駄に多額な保障でも少額で足りなくても、どちらも合っている保険とは言えませんね。まず、ご自身に必要な保障がどれくらいなのか、ご自身に万が一のことがあった場合、どれくらいの保...

生命保険の保障を決めるポイントとして、末の子どもが独立するまでの遺された家族の生活費と子どもの教育費、住宅費などを計算しますが、実際には生命保険以外にも得られる保障があります。第一に、遺族年金。遺族年金では一定の保障が受けることができます。一家の大黒柱に万が一のことがあったときに、遺族に支払われる公的年金制度で「遺族年金制度」という制度があります。もちろんそれだけで生活できるほどの金額ではありませ...

生命保険を選ぶとき、家族構成やライフスタイルなどで選択の仕方が変わります。そこには個人の生き方や思考などによっても違いが出てきますが、ここでは一般論としての『生命保険の選び方』についてお話ししましょう。社会人になった途端に生命保険の勧誘に合うということは、良くある話です。会社に通っている生命保険会社の方がいるケースもありますので、独身であっても高額な生命保険を勧められたり、分からないまま加入してし...

結婚したのをキッカケに生命保険に加入することを検討する方は多いでしょう。しかし、実際には何を基準に選んだら良いのか、どう選んだら良いのか、分からない方が多いのではないでしょうか。生命保険の種類は、非常に多いです。また、結婚をキッカケに生命保険を勧められることもありますが、大切なのはご自身に必要な生命保険選びです。まず、現在加入している保険の内容を確認してください。すでに加入している生命保険をそのま...

子どもができると一気に責任が大きくなりますね。生命保険には、死亡保障が確実に必要をなります。一家の大黒柱に万が一のことがあったとき、子どもが大きくなるまでの生活費や学費の保障、「遺族年金」など公的保障では足りない分を考えなければいけませんね。遺族年金は、現在加入している年金の種類によって保障内容は異なります。それぞれの公的保障などを必要生活費や教育費などから差し引いて、必要保障額を算出しましょう。...

生命保険の保障は、それぞれに必要な保障を算出して無駄のない保険の加入をすることがベストですね。では、現在加入している保険に無駄がないかどうか、見直ししてみましょう。ここでは、不必要な保険の見直しをして、保険料を削減する方法について考えます。見直しの手順1.必要保障額を算出するそれぞれの状況によって、必要保障額は異なります。独身の方であれば、葬儀費用程度の保障があればいいでしょうし、結婚していても子...

子どもさんの学資保険に加入するとき「お子さんの将来のために・・」「子どもさんのためには○○も付けておいたほうがいいですね」と、「子どものため」と言われると勧められるままに特約を付けてしまいませんでしたか。保険会社の方は、一見保険のプロのように見えますが、保険のプロというよりもその商品を売りたい営業マンだという風に捉えるべきです。もし万が一、のために加入するのが保険ですが、本当にその特約は必要でしょ...

「○○特約も付けましょう」「××も付けておいたほうがいいですね」と、勧められるままに特約を付けてしまうケースがとても多いことに驚きます。生命保険会社の方は、一見保険のプロのように見えますが、保険のプロというよりもその商品を売りたい営業マンだという風に捉えるべきです。もし万が一、のために加入するのが保険ですが、ほぼ無縁と思われる疾患に対する保障など、ご自身が納得した上で付けた特約でしょうか。今一度、...

子どもさんの学資保険に加入するとき「お子さんの将来のために・・」「子どもさんのためには○○も付けておいたほうがいいですね」と、「子どものため」と言われると勧められるままに特約を付けてしまいませんでしたか。保険会社の方は、一見保険のプロのように見えますが、保険のプロというよりもその商品を売りたい営業マンだという風に捉えるべきです。もし万が一、のために加入するのが保険ですが、本当にその特約は必要でしょ...

現在加入している生命保険になんとなく納得できなかったり、保険料の負担が多きくて生活がキツイ場合など、損をしないで状況を変えたいとは思いませんか。ここでは、加入をしている生命保険の解約をして、新しい生命保険に加入する方法を検討してみましょう。生命保険は、契約するときの年齢が上がると保険料も上がる仕組みになっています。つまり、10年かけてきた生命保険は、10年前の年齢で決められた保険料ということですね...