生命保険関連記事A記事一覧

就職、結婚、出産、子どもの入学など、保険の加入を検討したり見直しを計画するキッカケがありますね。一家の大黒柱の死亡に備える定期保険、病気やケガなどに備える医療保険やガン保険など、保険には人生の節目節目に合わせた必要性がそれぞれにあります。ただし、気を付けなくてはいけないのは、「保険に加入して安心したつもりが・・・」「見直しして万全にしたつもりが・・」ということにならないように、しっかりと把握する必...

就職や結婚、子どもが生まれたときなど、生命保険の加入を検討したり、現在入っている保険の見直しをしようと考える方が多いのではないでしょうか。しかし、気を付けなくてはいけないこととして、生命保険の商品についてしっかりと把握し、理解した上で加入や見直しをするということです。例えば、終身保険はどうでしょう。終身保険は、一生涯保障が続きます。終身保険のイメージとして、『貯蓄性のある保険』という感覚を持ってい...

お子さんが生まれたとき、生命保険の見直しを検討する方は多いようです。また、同時に学資保険の加入も考えるのではないでしょうか。例えば、国立大学の年間授業料は、時代とともに値上がりしています。平成元年に赤ちゃんが生まれて、その年の国立大学の年間授業料は約53万円でしたが、その赤ちゃんが大学に進学する平成18年の国立大学の年間授業料は約82万円です。実に1.5倍にまで跳ね上がっています。また、県外の大学...

生命保険に加入すると、10年後、15年後、自動更新で生命保険料が上がってしまうケースがありますね。この更新時、生命保険の保険料が上がるタイミングで子どもさんが大学に進学するなど出費が嵩み、生命保険料が家計を圧迫する場合があります。そこで、生命保険の見直しはどのようにすれば良いのでしょう。生命保険に加入する際には、保険料がずっと一定なのか、上がる場合はどのくらい上がるのか、しっかりチェックする必要が...

最近、インターネットで加入することができる保険をよく見聞きするのではないでしょうか。保険料がお安く、大変お手軽に加入することができるのが魅力ですが、どんなことにもメリット・デメリットはあります。果たして『ネット生保』のデメリットにはどんなことがあるのでしょう。『ネット生保』のデメリットは、商品に関して、ご自身で読むなどして理解しなくてはいけないということでしょう。この一点に尽きます。つまり、「誰か...

最近、インターネットで加入手続きができる生命保険をよく見聞きしますね。いわゆる『ネット生保』です。『ネット生保』とは、要するにインターネットの通販で生命保険を販売している保険会社で、その特徴はなんといっても保険料の安さではないでしょうか。安さに惹かれて加入を検討する方も多いようですね。『ネット生保』の安さには秘密があります。一般的に生命保険の保険料には保障のための原資だけではなく、保険会社の経費が...

最近、インターネットで加入できる生命保険、いわゆる『ネット生保』を見聞きしますね。テレビやラジオでのCM、あるいはインターネット上での宣伝も盛んです。「保険料、たったのこれだけ!」という謳い文句は、大変魅力的です。では、『ネット生保』の魅力は安さだけでしょうか。ここでは、『ネット生保』のメリットについて考えてみましょう。まず、ネット生保の安さは、ズバリ!人件費の削除によるものだということを頭に入れ...

仕事中の会社に、慣れた風に出入りする保険の外交員を見たことはありませんか。また、お客さん待ちをしているタクシーの列を行ったり来たりしながらパンフレットを配っていたり、ピンポン!といきなり家を訪ねてくるなど、保険の外交員は様々な場所に出没しては生命保険の商品を紹介します。家に訪ねてきたときなど、「けっこうです!」とハッキリと断らなくては引き下がらない方も多いため、最近ではモニター付きのインターホンで...

生命保険に加入するタイミングは人によってそれぞれですが、一般的に就職したとき、結婚したとき、子どもが生まれたときが多いようです。独身のときにはなかった責任は結婚したことによって発生し、さらに子どもが生まれたことによってその責任は重く先の先まで考える必要が出てきます。「万が一のことがあったとき、奥さんにこれくらいは遺してあげないと、生活していけませんよ」「子どもさんの学費くらいは不自由ない程度に遺し...

生命保険には様々な種類があります。それぞれの特徴をよく知ったうえで加入しなければ、「こんなはずじゃなかった」ということにもなり兼ねません。ここでは『終身保険』について、お話ししましょう。『終身保険』とは、どんな保険でしょう。その名のとおり、保障が死亡時まで一生続く保険ということです。例えば500万円の終身保険なら、契約後いつ死亡しても500万円を受け取ることができます。期間は設けられていません。で...

生命保険には様々な種類があります。それぞれの特徴をよく知ったうえで加入しなければ、「こんなはずじゃなかった」ということにもなり兼ねません。ここでは『定期付終身保険』について、お話ししましょう。『定期付終身保険』は、現在日本で70%の方が加入しているという統計があります。一昔前には、『ほとんどの掛け金が掛け捨てでムダ』『掛け金がどんどん上がる無茶な保険だ』『保障にムダな部分があり損をする』などと言わ...

生命保険には様々な種類があります。その特徴をよく知ったうえで加入しなければ、「こんなはずじゃなかった」ということにもなり兼ねません。ここでは『定期保険』について、お話ししましょう。『定期保険』とは、ある一定期間のみの死亡保障の保険で、掛け捨て保険です。よく勘違いされている方が多いのですが、『定期保険』の『定期』は『定期預金』の意味ではありません。定期預金のように、満期になれば払い戻されると勘違いし...

ガンを患う方が年々増え続け、ガン保険に加入している方も同時に増えています。ガン保険に加入されている方は、「先進医療保障」が付いているかどうか、確認してください。ガン治療が進んでいる昨今ではありますが、やはりそこに掛かる費用は大きい金額となってしまいます。「先進医療保障」がついていれば、高額な先進医療を受けることが可能となるのです。先進医療は完治を目指す治療法であり、ガン完治率は一気に上がりました。...

生命保険金を受け取った際、法定相続人1人あたり500万円の非課税枠があります。意外と知られていませんが、覚えておくと活用できますね。保険の保障対象となる被保険者が死亡した場合、死亡保険金が支払われます。これは、被保険者である被相続人の財産では本来ないのですが「見なし相続財産」という形で相続税が課税されます。しかし生命保険の保険金に関して、相続人の生活保障などを考慮した非課税枠があります。生命保険金...

生命保険に加入する際、保険金の金額に頭を悩ませる方は多いのではないでしょうか。一般的に、必要保障額を出して、公的保障を差し引いた金額を設定するのが良いと言われています。しかし、「必要保障額で設定すると掛け金が大きくて負担になる・・」という方も少なくありません。そこで気になるのが、「みんな、どれくらいで設定してるの?」というところではないでしょうか。死亡保障の保険金は、男性で平均2,000万円弱、女...

生命保険の保険料は、年齢が増すごとに金額が増しますね。若い年齢で加入すると月々払い込む保険料は金額が安く済みますし、年齢が上がれば月々の保険料は高くなります。しかし、実際には生命保険に対して真剣に考えるようになるのは、若い時期よりも少し年齢を重ねてからのほうが多いようですね。「若いうちに入っておけば、もう少し安い保険料で済んだのに・・」と後悔する方もいらっしゃるのではないでしょうか。では、本当に若...

生命保険の保険料は、年齢が増すごとに金額が増します。若い年齢で加入すると月々払い込む保険料は金額が安く済みますし、年齢が上がれば月々の保険料は高くなります。しかし、実際には生命保険に対して真剣に考えるようになるのは、若い時期よりも少し年齢を重ねてからのほうが多いようですね。「若いうちに入っておけば、もう少し安い保険料で済んだのに・・」と後悔する方もいらっしゃるのではないでしょうか。では、本当に若い...

最近では、「持病があっても加入できます!」という謳い文句の保険も見かけますが、生命保険は誰でも加入できるわけではなく、審査が通った方だけが加入することができます。審査は、どんな保険にもあります。ここでは「生命保険に加入できないケース」についてお話ししましょう。「生命保険に加入できないケース」として簡単にお話しすると「保険会社側からみてリスクの高すぎる方」ということになります。保険会社にとってリスク...

国民生活センターには、年間9,000〜10,000件の生命保険に関する相談があります。相談内容に多いのが、告知義務や払い戻し金の金額についてのものとなっています。生命保険会社と契約者のトラブルは、実は少なくありません。具体例を挙げてみましょう。保険料の払い込みを年払いで契約したにも関わらず、月払いとなっており、さらに変更ができないと言われたケース。保険金の受取人を変更したいと申し出たところ、それは...

生命保険は、病気やケガをしたとき、手術や入院が必要なとき、或いは死亡した際に、その費用や生活を保障することを目的としています。生命保険には、多くの方が加入しており、加入者みんなが保険料を払い込み、必要に応じて給付金を受け取ります。簡単に言うと、加入者による助け合い「相互扶助」の仕組みで成り立っているのです。生命保険は、『主契約+特約』が基本です。ベースとなる「主契約」、そこに上乗せするオプションの...

どんな世界にも専門用語がありますが、ここでは生命保険の専門用語についてお話ししましょう。生命保険の専門用語をどれくらいご存知ですか?分かっているつもりでも、曖昧になっていることはありませんか。また、勘違いしたままになっていることがあるかもしれません。正確に知って、ご自身の生命保険加入に活かすことができると良いですね。保険契約者保険会社と保険契約を結んだ人。契約上の権利と義務を持ち、契約内容変更など...

生命保険の見直しをするとき、誰に相談をしますか?「生命保険会社の社員」と答える方がいらっしゃるかもしれませんが、これは間違いです。生命保険会社の社員は、実は保険の見直しに必要な知識を全く持っていません。「まさか」と思われる方が多いかもしれませんが、生命保会社の社員が持つ知識は、あくまでも自社の商品を売るための知識やノウハウです。ここで付け加えなくてはいけないのは、生命保険会社の社員と、生命保険代理...

勧められるままに加入してしまった生命保険はありませんか。プロが勧めるんだから間違いない、と生命保険会社の担当の方を過信していませんか。「保険料が高いのは入れないから・・・」と、毎月払い込む保険料だけで決めませんでしたか?或いは、「保障額は大きいほうがいいでしょう」と、保障額だけで決めませんでしたか?生命保険に加入するとき、まず言えることは、何を基準に選べば良いのか分からないという方が多くいらっしゃ...

新聞やニュースで、「金融庁は○×保険会社に対し、○日間の業務停止命令を発表しました」というのを見たことがあるでしょう。『業務停止命令』なんて、ただ事ではありませんよね。業務停止の原因のひとつに、保険金の不払い問題があります。『保険金の不払い』穏やかじゃありませんね。例えば、「死亡保障2,000万円のところ1,500万円しか支払われていなかった」などいうことが、何万件と起こったため行政処分の対象とな...

『死亡時○○万円の保障』定期保険や終身保険では、死亡時の保障額が決まっています。「これだけ保障があれば大丈夫だろう!」ご自身の中で確信するように、その金額に納得するかもしれませんが、その根拠はなんですか?生命保険に加入したから大丈夫!と安心していてはいけません。「保険の見直し」という言葉を聞いたことがありますか。つまり、「保険の見直し」とは、ご自身の年齢やご家族の方の年齢、状況などに合わせて現在の...